お祝いのお返しって悩むんだな

みなさんは、お祝いごとをきちんとするほうですか? 若いうちはなかなか、自分で正式なお祝いごとをする機会というのがないかもしれませんが、大人になるにつれ、いわゆるハレの日の席に立ちあう機会が増えるなど、正式なお祝いごとをする機会が増えていきます。 また、子どもが生まれたりするとさらに、子どものためのお祝いごとというのを行うことになりますよね。 子どもの場合は成長に合わせて、さまざまなお祝いごとが存在します。


もちろん、すべてのお祝いごとを正式に行うかどうかは、両親や祖父母も含め、みんなで判断すれば良いことかもしれませんが、せっかくの成長の節目のお祝い、やはりきちんとした形でしてあげたいと思うのが親としての気持ちではないでしょうか。 そんな風に大人にはさまざまな機会に、自分たちで取り仕切って行ったりするお祝いの場があったり、正式なお祝いの場に立ち会ったりする機会ができます。


そのような時に、お祝いごとのマナーを知っているかどうかというのは、大人としての立ち居振る舞いとしてとても重要なものになりますので、きちんとしたマナーを知り、実践するようにしましょう。


さて、お祝いごとというと、どうしてもお祝いの品やお祝いのお金など、なんらかの形で気持ちを形にしますよね。 もちろん、贈るほうは相手をお祝いしたいという気持ちであげますし、受け取る方もその気持ちがとてもうれしいと思います。 しかし、お祝いをいただいた場合には、必ずお返しというものをしなくてはなりません。


お祝いの気持ちをいただいたのですから、お返しをしたいという気持ちはもちろんあると思います。 それ自体がイヤだということはないのですが、しかしお返しに何をあげようか……、悩んだことのある人も多いのではないでしょうか。 本当は、お返しも「気持ち」である以上、やはり好きなものを贈ればいいんじゃないかと思うかもしれません。


しかし、実際には、こういうお祝いの時にはいただいたものの何割くらいのものをお返しするのが礼儀、と言った感じで「お返しのマナー」というものが存在します。


あまりにも礼儀知らずなことをするのも失礼ですので、やはりこのような「お返しのマナー」も知っておく必要があります。 そういうことをいろいろと考えていると、ついついお返しを考えるのも億劫になってきてしまうかもしれませんが、このような「気持ちのやりとり」はお互いが気持ち良く生活をしていくためのマナーでもありますので、ベストな選択をしていきましょうね。

主観で気になるサイト

民泊についての法律に関わる部分を知りたいなら
規制緩和が期待される法律部分も効率よくチェック

恵比寿の歯科で治療はもちろん美しい歯へ
診療時間の短い歯のホワイトニングが可能です

薪ストーブって煤が心配
「クリーンバーン方式」で排気もキレイ

会社設立が手数料無料・即日対応・融資もOKな税理士
ぜひベンチャーサポートで顧問契約を!

出産のお祝いにぴったりのおむつケーキの専門店
実用的なのに可愛いと大好評

ホームページ テンプレート フリー

Design by